【赤ちゃんの肌トラブル】乳児湿疹・かぶれ・あせも等の予防法、対処法まとめ

こんにちは!3人の育児に日々追われているくすりママです。

3人目の赤ちゃんに癒されております。

今回は、赤ちゃんのデリケートな肌のトラブルについてお話したいと思います。

乳児湿疹から始まり、よだれかぶれ、オムツかぶれ、あせもなど・・・デリケートだからこそ赤ちゃんの肌トラブルって多いですよね。

くすりママ
くすりママ

うちの子どもたちも色々な肌トラブルに悩まされました。

トラブル期間中は、ママもナーバスになってしまうのでできるだけ予防してあげたいですね。

トラブルが起きても早めの対処で悪化を予防できれば、治りも早くなります。

ぜひ参考にしてください。

現在赤ちゃんの肌トラブルで悩んでいる方、今後、肌トラブルを予防したい方に参考になると嬉しいです。

まずは、どうして肌トラブルが多いのか赤ちゃんの肌について見ていきましょう。

赤ちゃんの肌

赤ちゃんのお肌は、一見つるんとしていてすべすべに見えますが、肌が薄くデリケートでとても傷つきやすいものです。

また、大人の肌に比べると角質層(肌の一番外側)の水分量が少なく、水分を保つ物質が少ないことも、赤ちゃんの肌がデリケートな要因となります。

肌には、肌を守るバリア機能というものがありますが、赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟です。

そのため

  1. 乾燥しやすい
  2. 荒れやすい
  3. 炎症をおこしやすい

という特徴があり、肌トラブルの原因となります。

では、具体的にどのような肌トラブルがあるか1つずつ見ていきましょう。

乳児脂漏性皮膚炎

赤ちゃんの肌は、月齢によって変わっていきます。

生後〜2、3ヶ月までは、ママ由来のホルモンの影響で、生理的に皮脂の生産・分泌が進みます。(一部赤ちゃん由来のホルモンの影響もあり。)

そのため、皮脂の分泌が多く、脂っぽくベタつきがちです。

そのため、この頃の赤ちゃんは乳児脂漏性皮膚炎(いわゆる乳児湿疹)が起きやすくなります。

症状としては、赤いブツブツや痂皮(かさぶたのようなもの)がみられます。

発症時期・発症箇所

生後1ヶ月頃から目立ち始めることが多いです。

頭皮や顔などの皮脂腺が多い場所に見られる湿疹で、特に頭皮や眉毛には、黄白色の厚いかさぶたができることが特徴です。

生後2、3ヶ月を過ぎて、皮脂の分泌が落ち着いてくると自然と消えていく症状です。

予防法

沐浴の際に、顔をしっかり石鹸で洗うことで予防になります。

女性が顔のお手入れをするように、泡立てた石鹸で優しく、こすらず、刺激をしないように洗いましょう。

特に、眉毛や頭は念入りに洗ってあげるのが効果的です。(念入りと言っても、強くこすったりしないように気をつけましょう。)

また、石鹸が残ってしまうのは肌荒れの原因になってしまうので石鹸をしっかり洗い流すこともとても大切です。

くすりママ
くすりママ

私の産院では「赤ちゃんは牛乳石鹸で洗ってあげてね」と言われました。

「赤いパッケージのはしっとりタイプなので、必ず青いパッケージね!」と言われましたよ。

青いパッケージは大人が顔を洗うとつっぱる感じがありますが、皮脂が多い2、3ヶ月まではちょうど良いみたいです。

皮脂が多いうちは、保湿も必要ないと言われました。

対処法

石鹸での洗顔で予防ができますが、うまく洗えなくて症状が出てしまった場合の対処法について触れます。

乳児脂漏性皮膚炎で出来てしまった厚いかさぶたは、洗うだけでは取れないこともあります。

無理に剥がしてしまうと、そこから炎症を起こし、悪化することもあるのでやめましょう。

もし頭皮や眉毛かさぶたが出来てしまった場合は、沐浴やお風呂の30分ほど前にベビーオイルやオリーブ油を塗ってふやかし、自然にはがれる部分を洗い流します。

石鹸を使って丁寧に洗うことで症状の悪化を防げるので、しっかりと洗ってあげましょう。

まとめ

  • 赤ちゃんは生後2〜3ヶ月までは皮脂が多い
  • 石鹸で丁寧にあらい、石鹸をしっかり流すことで乳児湿疹の予防ができる
  • 石鹸は牛乳石鹸(青いパッケージ)、保湿は必要ない
  • かさぶたが出来ても無理に取らず、オイルでふやかして自然に剥がれる部分のみ洗い流す

時には、薬による治療も必要な場合があるので、心配な場合や症状がひどい時は産院や小児科に相談しましょう。

注意

注:あくまでも私の経験に基づくものなので、洗浄や保湿については産院から指示がある場合はそちらに従いましょう。何かトラブルが起きても責任は負いかねますのでご自身の判断で参考にしててください。

生後2、3ヶ月を過ぎると皮脂が少なくなり、今度はかぶれのトラブルが起きやすくなります。

次に、かぶれについて見ていきましょう。

よだれかぶれ

よだれは、生後2〜3ヶ月頃から出始め、離乳食が始まる5〜6ヶ月頃に増えます。

よだれのピークは7〜8ヶ月頃と言われています。

個人差がありますが、1〜2歳頃には徐々によだれが落ち着いてきます。

よだれが多い間は、よだれかぶれが起きやすいので注意が必要です。

よだれかぶれは、口の周りが赤くなったりブツブツができたりする症状を言います。

発症時期・発症箇所

上で説明した通り、皮脂が少なくなりよだれが出はじめる生後2〜3ヶ月以降に発症しはじめます。

口の周りは、様々な刺激を受けやすく炎症を起こしやすい部分です。

荒れてしまうと、その部分からよだれや食事などの成分で刺激を受け、アレルギー症状が出てしまったり炎症が起きてしまいます。

よだれかぶれにならない為にはどうすれば良いか、予防法から見ていきましょう。

予防法

口周りについたよだれはこまめに拭いてあげたり、刺激から肌を守るため保湿剤などで口周りの肌を保護することで予防ができます。

よく使われる保湿剤が、ワセリンです。

ワセリンは、市販のワセリンやベビーワセリンなどでもいいですし、赤ちゃんの肌に合うか心配な方は、お医者さんに相談して処方してもらうと安心です。

ポイント

・食事で皮膚を刺激しないように、食事の前から保湿剤を使って肌を保護する

・食後は口周りに着いた汚れを綺麗に洗うか拭き取る(この時こすらないように注意!)

・最後に改めて保湿剤で肌を保護する

対処法

よだれかぶれになった場合の対処法も基本的に予防法と同じです。

汚れが付いたら、ぬるま湯に浸したタオルで優しく拭いて、その後に保湿をするようにしましょう。

こまめに汚れを拭き取り、薬を塗って皮膚を保護することが赤ちゃんの肌トラブルを予防、改善するには一番です。

まとめ

  • 食前・食後に保湿剤で口周りを保護
  • 口周りのよだれや汚れは、こまめに拭き取る
  • 拭き取った後は保湿をする

赤みがひどく、口周りを頻繁に気にしてかゆがったりするようなら、小児科や皮膚科で診てもらうようにしましょう。

おむつかぶれ

よだれかぶれと同時期に発症しやすくなるのは、おむつかぶれです。

おむつかぶれとは、おむつが当たっている部分が赤くなる・ブツブツと湿疹ができる・皮膚がむけるなど、肌が炎症した状態のことです。

適切にケアをしてあげないと、真っ赤になってただれたり、膿をもったり悪化してしまうので気をつけないといけません。

おむつかぶれになると、おしっこやうんちをするたびにしみて痛いため、その都度赤ちゃんが泣いてしまったり、不機嫌になったりします。

おむつかぶれは、一度なってしまうと治りにくくて悪化しやすいため、予防が非常に大切です。

発症時期・発症箇所

おむつかぶれは特に生後3〜4ヶ月くらいまでに多く発症します。

おむつに触れている部分だけに起こり、おしり全体が赤くなったりブツブツと湿疹のようなものが出たります。

炎症が起きているので、痒みや痛みを伴います。

赤ちゃんは喋れないので、痛みや痒みみを伝えることは出来ませんが、赤ちゃんのサインを読み取ってあげましょう。

赤ちゃんの痒い・痛いのサイン

・おむつ替えの時に拭くと泣く

・入浴時、お尻にお湯をかけると泣く

・おむつを外した時にお尻を触ろうとする

・おしっこ、うんちのたびに泣く、不機嫌な時間が増える

予防法

おむつの中は、常に高温多湿なので、通気性の良いムレないおむつを選ぶことが一番大事です。

ムレないおむつを使うことで、肌のムレが軽減され、おむつかぶれになりにくい環境にすることが出来ます。

通気性の良さを意識しておむつを選び、赤ちゃんのお肌に合うおむつを探しましょう。

おむつ替えの時に、汚れを拭き取ったらすぐに履かせるのではなく、おむつを開いたままおしりを空気にさらしてしっかり乾燥させることも予防になります。

特に下痢をしている時はおむつかぶれになりやすいので、下痢のたびにシャワーや座浴(洗面器にぬるま湯を貯めてお尻を浸からせ洗う)で汚れを洗い流してあげるのがオススメです。

くすりまま
くすりまま

シャワー、座浴は少々大変ですが、効果的です。

下痢の回数が多くて大変でしたら、百均などで買えるドレッシング入れにぬるま湯を入れて、開いたオムツの上からぬるま湯をかけて洗い流してあげましょう。

手軽にシャワーと同じような効果が得られるのでオススメです。

対処法

おむつかぶれになってしまったら、こまめに汚れを洗い流すことが大切です。

洗い流したあとは、ムレないようにおしりを空気にさらし乾燥させましょう。

悪化の前に小児科や皮膚科に受診し、適切な薬をもらって治療することも大切です。

おむつかぶれで炎症を起こすと肌は過敏になります。

その肌におしっこやうんちの刺激が加わると悪化しやすく、治療には時間がかかります。

治ったと思ってもぶり返すことが多いので、焦らずじっくり治療してあげましょう。

くすりママ
くすりママ

塗り薬をもらった場合は、肌をしっかり乾燥させてから塗るようにしてくださいね。

まとめ

  • ムレない、赤ちゃんの肌に合うおむつをえらぶ
  • おむつ替えの時におしりを空気にさらして乾燥させる
  • よごれはこまめに洗い流す(シャワーや座浴など)
  • 悪化する前に小児科や皮膚科に相談が必要なことも
  • 塗り薬はお肌をよく乾燥させてから!

あせも

汗で汗腺が詰まってしまい、皮膚の下に汗が閉じ込められて炎症を起こしている状態があせもです。

あせもになると、皮膚が刺激をうけてヒリヒリと痛んだり、赤いブツブツした発疹や小さな水ぶくれができ、痒みを伴います。

大人は、体温調節に発汗・自律神経が働きますが、赤ちゃんは体が未熟で体温調節は発汗でしか出来ません。

そのため赤ちゃんは大人の2〜3倍も汗をかくので、あせもの発症も多いのです。

発症時期・発症箇所

汗を多くかく、夏場の発症がほとんどですが、寒くて大量の服を着込んでいる時にもあせもになる可能性はあります。

大人は、首周りや脇の下の発症が多いですが、寝ていることの多い赤ちゃんは、布団と触れている部分に汗がたまりやすく、その部分にあせもが発症しやすいのが特徴です。

具体的には、頭・首・背中・腰にあせもの発症が多く、他にも皮膚同士がくっついている部分(手足のくびれ、脇の下、太ももなど)にもできます。

予防法

汗が汗腺に詰まって炎症するとあせもになるので、汗腺の出口をふさがないように赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげましょう。

エアコンなどを使って、室温や湿度を調節し、汗をかかせすぎないようにすることも大切です。

洋服も汗を吸収しやすく通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

また、汗をかいたらこまめに拭いたりシャワーを浴びたりするのも効果的です。

対処法

肌を清潔に保ち、汗をかいたらこまめに拭き取ったりシャワーをすることで、自然と治すことも出来ます。

痒みが強いと、かき壊して細菌に感染してしまうと、膿んでしまったりとびひになってしまうこともあるので、辛そうなら皮膚科や小児科を受診するようにしましょう。

その症状に適した薬をもらうことが出来ます。

くすりママ
くすりママ

膿んでいたりとびひになっている場合は、塗り薬だけでなく飲み薬を飲むこともあります。

まとめ

  • 肌を清潔に保つ
  • 汗はこまめに拭き取るか、シャワーなどで流す
  • 暑い夏場はエアコンで室温・湿度の調節をする
  • 夏場は汗を吸収しやすく通気性の良い洋服を、冬場も着込みすぎに注意
  • 痒みがひどかったり、かき壊していたら小児科か皮膚科へ

おわにり

あかちゃんの肌は大人より薄く、デリケートです。

簡単な刺激で炎症も起きやすく再発もしやすいので、なるべくなら肌トラブルは予防してあげたいですね。

もしトラブルが起きてしまっても、正しいケアで悪化を防げますし、病院や薬に頼らなくても改善する場合もあります。

それぞれのトラブルの特徴を知っておくことで、大切な赤ちゃんを守ることができます。

お肌のケアで一番大事なことは、「清潔に保ち、保湿をする」ということです。

くすりママ
くすりママ

毎日大変かと思いますが、赤ちゃんの笑顔のためにぜひ、清潔・保湿を心がけましょう。

一緒に頑張りましょう!

注意

こちらの記事はあくまでも個人の見解です。この記事の情報に関しては自己判断での利用をお願いします。

記事を参考にして発生した事象に関しては一切責任を負いかねますので、心配な場合は小児科や皮膚科に相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です