【スギ、ハウスダスト】アレルゲン免疫療法って何?薬剤師が分かりやすく解説!

止まらないくしゃみ、鼻水、目や皮膚のかゆみに悩まされた事はありませんか?

私は、幼い頃からハウスダストによるアレルギー性鼻炎に悩まされ、花粉症歴もかれこれ20年・・・

幼い頃は、アレルギー体質からか小児喘息も持ち合わせていました。

悲しいことに、アレルギー体質は息子や娘にも遺伝しています。

しかし、最近はアレルギーも治すことができる可能性が出てきたのです!

近年、徐々に患者数が増えてきている、アレルギーの治療法についてお伝えします。

アレルギーとは

私たちの体には、『免疫』という、有害な物質(ウイルスや細菌など)を体から排除する働きがあります。

本来、免疫は有害な物質に対して働くものですが、体には無害な物質に対しても過剰に働く事をアレルギーといいます。

アレルギー症状を引き起こす物質を「アレルゲン」といいます。

アレルゲンにより刺激され、過剰に免疫が反応した結果、くしゃみや鼻水、かゆみなどのアレルギー症状を引き起こします

アレルギーは、食物アレルギー・ハウスダストによるアレルギー(通年性アレルギー性鼻炎)・じんましん・花粉症など多くの疾病に関わっていると言われています。

最近のアレルギーの治療の傾向

少し前までは、アレルギーの原因となるアレルゲンをなるべく排除し、症状が出たら抗アレルギー薬で症状を抑える治療法が主でした。

しかし、今はアレルゲン免疫療法(減感作療法ともいう)という方法が徐々にメジャーになってきています。

くすりママ
くすりママ

実際に、私の勤めている薬局でもこの数年で急激にアレルゲン免疫療法を開始する患者さんが増えました!

アレルゲン免疫療法(減感作療法)とは

アレルゲンをごく微量から摂取し、徐々に量を増やして体をアレルゲンに慣れさせていく治療法です。

徐々にアレルゲンの量を増やしていくことで、免疫反応を起こす閾値を上げていきます。

この治療法で、アレルギー症状を改善したり、根本的に治せる可能性があると言われています。

種類

アレルゲン免疫療法は、投与方法の違いで2種類に分けられます。

皮下注射でアレルゲンを投与する「皮下免疫療法」と、舌の下からアレルゲンを投与する「舌下免疫療法」です。

  • 皮下免疫療法:通院して注射での治療を受ける。注射が苦手な方には精神的な負担がかかる可能性がある。
  • 舌下免疫療法:エキスの入った液もしくは錠剤を舌の下に置き、1〜2分保持したあとに飲み込む。毎日服薬する必要がある。
くすりママ
くすりママ

私たち薬局薬剤師が関わるのは、舌下免疫療法です。

治療期間と効果

通常、3〜5年と長期での治療が必要です。

治療期間は長いですが、効果は早い人で数ヶ月で感じることができます。

実際に秋から治療を開始したスギ花粉症の患者さんは、次の花粉症シーズンから効果を実感出来ていました。

ただ、治療すれば全ての人に効果があるわけではなく、有効率は70〜80%と言われています。

ですので治療期間や有効率を理解した上で治療に臨みたいですね。

くすりママ
くすりママ

有効率は70〜80%とのことですが、実際に患者さんに効果を聞き取りしていると、それより高いように感じます

メリット

  • アレルギーの緩和、治癒が期待できる
  • アレルギー症状が緩和することで、抗アレルギー薬の服薬を減らせる
  • 新たなアレルギー症状を引き起こしにくくなる(アレルギーがあると、他のアレルゲンに対してもアレルギーを引き起こす確率が高くなるが、免疫療法をすることで引き起こしにくくなる)
  • 他のアレルギー疾患への進展を防げる(アレルギーをもっていると、他のアレルギー疾患へ進展してしまう事があるが、免疫療法をすることで進展を防げる)

デメリット

  • 有効率は70〜80%、治療期間が3〜5年と長期にわたる
  • 皮下免疫療法では、維持療法まで通院回数が多く負担になる
  • 治療エキスの種類が少ない(現在はスギ花粉とダニの2種類)
  • 副作用としてアレルギー症状が出ることがある

まとめ

免疫舌下療法について、少し理解を深めていただけましたか?

デメリットもあるとはいえ、毎日アレルギー症状に悩まされている私個人としては、メリットの方が断然大きいと思います。

舌下免疫療法の薬は、初めのうちは小児への適応がなかったのですが、2018年から、5歳以上の小児から治療ができるようになりました!

私の子供のように、今は子どもの花粉症も大変多いですよね。

子どもが辛い思いをしているのを見るのが、親としては一番辛いと思います。

なので、子供のアレルギーで悩んでいる方も子どもと一緒に治療が可能ですよ!

くすりママ
くすりママ

私は興味を持った時期に授乳、妊娠期間があったため、3人目の授乳が終わってから治療を開始したいと思っています!

長男もスギ花粉症なので、一緒に始めたいと考えてます。

おわりに

アレルギー疾患がある方は、新たなアレルギーや疾患を引き起こしやすく、薬で症状を抑えないと辛いくしゃみや鼻水、かゆみなどに悩まされます。

それらを改善できるアレルゲン免疫療法は、服薬や通院の手間はかかったとしてもアレルギーの根本治療を期待できる治療法です。

辛いアレルギー症状に悩まされている方は、検討の価値ありだと思います!

薬剤師からのアドバイス

〜治療開始の時期について〜

ダニアレルギーの治療は、1年を通していつでも開始ができます。

しかし、スギ花粉症の治療は、6月〜12月でないと治療開始できません。(花粉が飛んでいる1月〜5月は治療を開始することができません。)

来年のスギ花粉症に間に合わせるなら、今のうちですよ!

注意

治療ができる医療機関が限られているので、あらかじめ治療ができるか調べてから受診して下さいね。医師と相談してからの治療になるので、受診したら必ず治療ができるものではありません。

アイキャッチ画像はskeezeによるPixabayからの画像です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です