【11/13OPENのグランベリーパーク】乳児と幼児の子連れでプレオープンに行ってみた!

南町田にあったグランベリーモールが約2年前に閉鎖されましたが、とうとう明日11/13からグランベリーパークとしてリニューアルオープンします!

そのプレオープンが11/10〜12に開催されていました。

プレオープン最終日に乳児と幼児の子連れで行ってきたので、気になっている方のためにまとめます。

パークに到着!!

最初の感想は、(当たり前ですが)ものすごくきれい!!

ブラウン調の建物に、緑の多い景色で東京とは思えない気持ち良さ!

雰囲気は、軽井沢のアウトレットモールを思わせるようなものでした。

景色(富士山)
中央に雪の積もった富士山が見えた!

私が行った日は天気も良く、富士山も見えて景色も抜群でしたよ。

正式なオープンではないので、そこまで混んでないだろうと思っていましたが、近隣の方達を含めかなりの人が来場していました。

車で行きましたが、主要道路が周りに多いためグランベリーパークに近づくとやはり渋滞が発生しています。

道も新しくなっており、ナビはあてにならなかったのですが、要所要所に案内看板を持った方が立っていたので問題なく駐車場にたどり着けましたよ。

10:30頃に到着した時は駐車場内はそこまで混んでおらず、上の階に上がればすんなりと駐車することができました。

駐車場メモ

アウトレットの買い物を中心に楽しむなら、グランベリーパークの真ん中に位置する駐車場B/Cが便利です。

映画を見るために行くのであれば、駐車場Dが近くなります。

医療モールや駅近くの東急ストアは駐車場Aが便利です。

駐車場はまだ余裕がありましたが、パークの中は人がかなり多く、駅の方からも人がぞろぞろと押し寄せてきていました。

ショップガイド

到着したらまずショップガイドを手に入れましょう!

私が見た限り、ショップガイドは4種類ありました。

1つは裏表に詳細なパークの地図が載っているもの。

グランベリーパーク地図
地図

あとは「ウィズキッズガイド」「グルメガイド」「ペットをお連れのお客様へ」というガイドです。

各種ガイド
各種ガイド

この「ウィズキッズガイド」が子連れにはめちゃくちゃ良い!!

子連れでの楽しみ方や受けられるサービス、子連れに優しいフードサービスなどがまとまっています。

お子様連れの人は絶対ゲットしてください

授乳室を利用してみた

到着して少しするとベビーカーで寝ていた子供が泣き始めたので、授乳のためベビールーム(授乳室)も利用しました。

ベビールームは全部で6箇所あり、バランス良く配置されています。

ベビールーム地図
ベビールーム地図
ベビールーム一覧
ベビールームの案内

私が利用したのは⑥のベビールームでした。以下に写真を載せておきます。

ベビールーム1
入ってすぐ
ベビールーム2
入り口からは見えないよう、少し奥まって授乳椅子があります

しっかりと広く作られているので、とても快適に使うことができました。

イヤイヤ期の子も気分転換ができる

買い物が退屈でしょうがないという年齢の子供、イヤイヤ期の子も連れていきました。

期待通り(?)1時間もするとイヤイヤ発動・・・

でも、安心してください!

グランベリーパークの中には、いたるところにスヌーピーが!

スヌーピー
右側にスヌーピー

これは、スヌーピーミュージアムが隣接されているためですが、子供の気を紛らわせるのにもってこいです。

スヌーピーを探して歩いたりしているうちにケロッと機嫌も治ります。

また、鶴間公園も隣接していたり、パーク内にはちょこっとした芝生広場や大きなゲームセンターも入っています。

そして1時間から利用できる託児サービスもあるので、ママやパパ一人で子連れで来たとしてもゆっくりと買い物ができますね!

噂を聞いたりガイドを見たり実際に行ってみて、子連れにものすごーく優しい施設ということがわかりました!!

通路も広いので、ベビーカーでお散歩するのも楽しいですし、ストレスなく歩くことができます。

今回は時間の関係で食事をしたりしっかりと回ることはできなかったのですが、ファミリー向けのフードコートもあり、そこ一帯が子連れ仕様になっているので動き回らなくても楽しむことができそうです。

今後行ってみたいところ

個人的に、気になる飲食店

  • ジャックインザドーナツ:世界各国のドーナツが売られているお店
  • KFCレストラン:ブッフェスタイルでオリジナルチキンなどを食べられる!
  • スノーピークイート:アウトドア料理を楽しめるお店
  • ヒツジノショーンビレッジ:ひつじのショーンの世界観に浸って買い物やカフェを楽しめる
  • ゴンチャ:タピオカで有名な台湾ティーカフェ

シャッターズは期待していましたが、イートインスペースが落ち着かなそうな雰囲気だったのでやはりセンター北の店舗が良いかな。

でも、持ち帰りができるとのことなので、あのスペアリブとアップルパイを持ち帰って食べれるのは良いかも!

飲食店以外に気になる場所

  • スヌーピーミュージアム:以前六本木にあったスヌーピーミュージアムが移転してきました!12/14(土)がオープン。カフェは11/13からオープン。
  • キッズディスカバリー内ファンビレッジwithNHKキャラクターズ:Eテレ幼児向け番組のアミューズメント施設で日本最大言うの大きさを誇るようです。子供たちは大好きなキャラクターにテンション上がりそう!

オープンしてからしばらくは混みそうですが、何度か足を運んで全て回りたいと思います!

感想

今までのグランベリーモールとは全く違うのは当たり前ですが、他のアウトレットパークにはない(と思う)大きめのゲームセンターや食品売り場があるのが新鮮でした。

一言で言うと、新しい感覚のアウトレットパークという感じでしょうか。

大人も子供もワクワクして楽しめる空間になっています!

デートで1日ぶらぶらするのもよし、家族でそれぞれ楽しむのもよし、子どもと平日に行って託児を利用して少しひとり時間を楽しむのもよし。

いろいろな楽しみ方ができるアウトレットパークでした!

オープンからしばらく混み合いそうですが、自分なりの楽しみ方を見つけてみてくださいね。

基本情報

名称:グランベリーパーク

住所:〒194−8589 東京都町田市鶴間三丁目4−1

TEL:042−788−0109(受付時間 10:00〜20:00)

テナント数:234店

営業時間

 ショッピング・サービス・・10:00〜20:00

 レストラン&カフェ・・・・11:00〜22:00

 フードピクニック・・・・・10:00〜21:00

※一部営業時間の異なる店舗もあるようです。 全館休館日1/1(元旦)、その他年2日。

アクセス

電車の場合  

東急田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」直結

・「渋谷駅」から東急田園都市線急行で約33分

・小田急「町田駅」から「中央林間駅経由」で約15分 

バスの場合     

①町田バスセンターから神奈川中央交通[町田89]系統

 「南町田グランベリーパーク駅行」で約25分

②相模大野北口6番のりばから直行バスで約15分(度・日・祝日のみ運行)

車の場合

以前は平面屋外型の駐車場でしたが、新しくなり現在は立体駐車場で屋内になっています。

収容台数も2030台とかなりの台数をおくことができるようになりました。

これなら、混んでて停められないという心配はあまりしなくてすみそうです!

駐車料金は250円/30分ですが、平日は2時間無料(休日は1時間無料)で、さらに購入金額に応じてサービスがあるのでゆっくりとお買い物を楽しむことができそうです。

詳細な情報はグランベリーパークのアクセスをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です