【家庭で手軽にできる】胃腸炎のウイルス除菌方法と経口補水液の作り方

胃腸炎

はじめに

冬になると怖いのが、インフルエンザに加えノロウイルスによる胃腸炎ですよね。

ノロウイルスは特に感染力が強く、家族のうち1人が感染すると高い確率で家族内に広がってしまいます。

しかもノロウイルスはアルコール除菌が効かない事でも有名です。

そこで今回は、ノロウイルスの除菌方法と胃腸炎になってしまった時に大切な水分補給についてまとめたいと思います。

除菌方法

ノロウイルス
ノロウイルス

ノロウイルスは、先ほども言いましたがアルコール除菌が効かないウイルスです。

塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)がノロウイルスには有効です。

どの家庭にもあると思うので、自分で除菌液を作ってみましょう。

除菌液の作り方

0/1%の除菌液を作るための材料
  • 塩素系漂白剤の原液(キッチンハイターなど)
  • 容器(スプレーボトルやペットボトルなど)

《調整方法》

除菌液は、塩素系漂白剤の原液を0.1%にの濃度に水で薄めて調整します。

市販の塩素系漂白剤の原液は、次亜塩素酸が約5〜6%含まれているので、

約5%とすると50倍に希釈したものが0.1%の濃度になります。

例えば・・・

・原液10mLに対して水は500mLで薄める

・原液20mLに対して水1Lで薄める

上記を参考に作りたい量に合わせた分量で調整してみてください。

あらかじめ調整法を知っておく事で、いざという時に慌てなくてすみますよね。

感染を防ぐには

嘔吐
胃腸炎による吐き気は突然襲ってきます

特に子供は、胃腸炎になると突如襲ってくる吐き気で所構わずに盛大に吐いてしまう事が多いと思います。

ウイルスは、患者の吐瀉物や便に多く含まれるので正しい処理方法で感染を最小限に食い止めましょう。

吐瀉物や便はを処理する重要なポイント

  1. 素早く処理する
  2. 乾燥させない
  3. 除菌する

です!!

ウイルスが周りに広がらないように、素早く処理しましょう。

乾燥すると、ウイルスが空中に浮遊してしまいます。

周りに広げないように乾燥しないうちに処理しましょう。

処理後はきちんと消毒して除菌をしましょう。

処理する人は、汚染予防のためにも使い捨ての手袋、靴カバー、エプロン、マスクを装着しましょう。

処理するものは使い捨てのペーパータオルか捨ててもよいタオルや雑巾を使い、処理したものはビニール袋に入れてください。

トイレの除菌方法

便にもウイルスはたくさん含まれます。

蓋を開けたまま水を流すと、水しぶきとともに空中にウイルスが大量に浮遊する事になります。

排泄後は、必ず蓋を閉めて水を流しましょう。

そのまましばらく放置し、落ち着いた頃に蓋の裏側や便器など消毒しましょう。

胃腸炎にかかったら

胃腸炎による吐き気のピークは、大体1〜2日です。

胃腸炎は多くが吐き気→下痢へと症状が移ります。

どちらも水分が奪われるので、脱水症状に気をつけま

ただ、吐き気が強く水分も受け付けない時は、無理な飲食は控えるようにしましょう。

スプーン1杯の水分が摂れるようになれば、徐々に量を増やしていきます。

その時に水やお茶でも良いですが、吸収が良い経口補水液を摂取するとなお良いでしょう。

冷たいもの・熱いものは胃腸に刺激になるので、常温のものを摂取するようにしましょう。

経口補水液も家庭にあるもので手作りが出来ます。

経口補水液の作り方

1Lの経口補水液を作るための材料
  • 塩・・・・・3g(塩は小さじ1が約6gなので、小さじ1/2でOK)
  • 砂糖・・・・20g
  • 水・・・・・1L
  • お好みでレモン汁

《作り方》

上記の材料を混ぜるだけ。

レモン汁を加えると、爽やかで飲みやすくなります。

塩は小さじで計り、砂糖はスティックシュガーを使うと計量の手間が省けて楽ですよ。

注意

材料を見て分かる通り、塩や砂糖が多く含まれます。

持病で高血圧や糖尿病がある人は、飲みすぎに気をつけてください。

日頃から経口補水液を常用するのは避けましょう

受診のタイミング

受診
受診

あまりにも吐き気が強いと、外出も辛いと思います。

ある程度体力のある人は、少し落ち着いて出歩けるようになってから受診した方が負担がないと思います。

脱水症状になってしまうと、体の小さな赤ちゃんや体力のない高齢者は危険です。

点滴が必要な場合もあるので、水分が取れない時間が続く・顔色がすこぶる悪いようなら受診するようにしましょう。

ちなみに・・・

妊娠初期に胃腸炎になった筆者。

他の妊婦さんなどに感染してはいけないので、産院に電話をして指示を仰ぎました。

結果、3日間点滴に通う事になりました。

抵抗力が落ちている妊婦さんも気をつけてくださいね!!

まとめ

これからの時期、インフルエンザも胃腸炎も怖いですよね。

特にノロウイルスはアルコール除菌が効かない上、感染力が強くてウイルスが10個程度でも感染してしまいます。

でも、正しい除菌方法などの対処法を身につけておければ、これからの季節安心して過ごせます。

除菌液も、経口補水液も家庭にあるもので簡単に作れます。

年末年始、お店が閉まっていて買い物に行けない事もあると思います。

そんな時は家にあるもので対処できるので安心して対応しましょう。

経口補水液は、インフルエンザで高熱時にも脱水症状を予防する上で有効ですよ。


胃腸炎については【薬の知識中級編】胃腸炎・発熱時の対処法、薬の保管方法は?にも記載しています。

よろしければ見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です