【カラス対策に成功】ダイソーの材料で手軽にDIY

皆さん、ごみ捨てのカラス対策はどうしてますか?

我が家は以前、お手製のカラス除けネットを使っていました。

でも、ネットってかぶせ方によってはカラスに荒らされる可能性もあるし、毎回しっかり隙間ないようにかぶせるのってコツがいりますよね。

一度荒らせると分かると、カラスは頭がいいので何度も狙ってやって来ます

うちは、ネットのカラス除けをしていても何度か荒らされたことから、我慢の限界に達し、血眼になってカラス除けについて調べました。

でも、しっかりしたカラス除けネットや対策グッズってかなり高額じゃないですか?

↓私がいいなと思ったのは、こんな感じのやつです。

カラスのためにたくさんお金を払いたくなかった私が行きついた方法は、DIYでした。

我が家は百均のダイソーで材料を調達し、DIYで完全にカラス対策に成功したので、困っている方はぜひ参考にしてください!

用意するものはたったの3つ

DIYって聞くと、「難しいんじゃないか」「本格的な材料や道具がいるのでは?」などと不安に思う方もいると思います。

でも、ずぼらな私です。

手間やその時しか使わないような道具は揃えたくありません。

今回は、用意する材料は3つだけで作りました!!

用意するのもは3つだけ!
  1. ワイヤーネット×3(ダイソー)
  2. 結束バンド(ダイソー)
  3. 風除けネット(ホームセンター)

※この他に、自宅にあるハサミを使用しました。気になる方は怪我予防のため軍手の準備もしてください。

それぞれ、作りたいサイズのものを調達!

ちなみに私が用意した大きさは

ワイヤーネット→33cm×54cmを2個、40cm×62㎝を1個

でした。(大体、これで20Lの袋2つor40Lの袋1つが入ります。)

↓ワイヤーネットはネット通販でも手に入ります。

ホームセンターの風除けネットは、農作物の風を避けるネットです。

カラス除けネットと比べて段違いに安い!

↓こんな感じです。

ホームセンターだと、自分が欲しい長さ分切り売りしてもらえるので、よりお得に購入できますよ。

黄色がカラス除けの色だともいわれていますが、今回は、色に関わらずカラス被害を完全になくせるので、何色でも大丈夫です。

ちなみに以前のカラス除けは

以前のカラス除けネット(風よけネットに手を加えて作りました。)

風よけネットをを筒状にして、片方の穴をギュッと縛って巾着状にして使っていました。

ごみ袋の上から、ネットをかぶせて使っていましたが、わずかな隙間からネットをめくって荒らされていました。

不器用でも絶対作れる簡単設計

今現在のカラス除けがこちら。

両サイドは高め、手前は低めにして出し入れのしやすさを追求

シンプルな設計なので、作り方は簡単。

ワイヤーネットに風除けネットを張り巡らせ、ワイヤーネットを結束バンドでコの字型にするだけ!

文章にして一行です。笑

これをフェンスに結束バンドで固定して設置。

はい、出来上がりです!

ネットの蓋をつける前

ゴミを覆うため、蓋になるネットも取り付けました。

ネットの蓋をつけて完成

蓋のネットがずれないように、重しとして垂れ下がっている部分に突っ張り棒をくっつけようかなーと考え中です。

フェンスがあれば固定が楽

カラス除けを作るにあたって、

  • カラス除けの片付けが嫌
  • でもゴミ出し以外はコンパクトにしたい
  • 風で飛ばされたくない

ということで、フェンスに直接固定しました。

写真のように使わない時はパタン!とたためるのです!

くすりママ
くすりママ

めちゃくちゃすごくないですか?

これで、設置も片づけも楽ちんです♪

固定するフェンスがない場合

固定するのに、ちょうどいいフェンスがない方ややっぱり使い終わったらしまいたいという方は、ワイヤーネットをコの字ではなく四角く固定して、自立するようにしても良いと思います。

ただ、どこかに紐で繋いでおくなどしておかないと、ゴミ収集後に何処か行っちゃったってことになり得るので気をつけてください。

これだけは外せない!こだわったポイント

私がDIYするうえで、こだわったポイントはこちらです。

  • カラス被害ゼロ
  • 保管時に飛ばされない必要な時に片手で広げられる
  • コンパクトにたためる
  • ゴミ収集の人が楽にゴミを持っていける構造

最後の『ゴミ収集の人が楽にゴミを持っていける構造』って、意外と大事だと思うんです。

くすりママ
くすりママ

自分だったら、パッとごみを取り出して、サッとごみ収集車に放り込みたいですよね。

いろんなカラス除けを見たけど、マジックテープで蓋ができたり、大きな蓋つきバケツだったり、ネットをゴミの底で固定してたり…

とにかく、カラス被害を防ぐには、ゴミを取り出すのに手間がかかる構造のカラス除けばかり!

これじゃ、ゴミ収集の人嫌だろうな…と思いますよ。

約2年使用した『実際の効果』

もう、この方法でかれこれ1〜2年経ちますが、100%カラスに勝ち続けています。

ちなみに、最初はワイヤーネットに風除けネットはつけてなくて、ネットで上部のみ蓋をするだけでした。

まさか、ワイヤーネットの穴から荒らされるはずもないとカラスを甘く見ていたのです。

でも、カラスって賢くて、人が見てないと思ったらワイヤーネットの隙間からつつくんです!

それで闘志に火がついた私はワイヤーネットに風除けネットを張り巡らせた!と言うわけです。

このおかげで、もうカラス被害には遭っておりません。

ゴミ捨ても楽なもんで、片手で広げてゴミを入れて、ネットをかけて蓋して終了!

ゴミ収集の人も、パッとネットをはいで、ゴミを取り出すだけ。

固定されてるから、カラス除けが転がったりもしないし、安心です!

思わぬ2次被害

ただ、私たちの家のゴミを狙っていたカラスたち。

完璧にガードされて諦めたんでしょう。

少し離れたお家(自治会役員でお世話になった元自治会長さんのお宅)のゴミが盛大に荒らされてました。

何だか、私のせいではないけど申し訳なく感じました…

けど仕方ないですね。

カラスも生きるために必死です。

まとめ

カラス対策!と謳われた品物は高価なものが多いですが、

百均の材料と格安の風よけネットで十分すぎるカラス対策ができます。

不器用でも、結束バンドが締められれば大丈夫。

ただ、結束バンドはじめて使ったけど慣れるまで向きに悩みました。笑

くすりママ
くすりママ

気になる方はぜひ作ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です