コンパクトな抱っこ紐おすすめ7選!【使用レビュー有】

抱っこ紐といったら、どのような抱っこ紐をイメージしますか?

「エルゴベビー」や「ベビービョルン」は有名で知っている人も多いですよね。

一言で抱っこ紐といっても

「エルゴアダプト」「エルゴオムニ360」「ベビービョルンワンカイ」

などの色々な機能を持つ抱っこ紐と、

「スリング」「ベビーラップ」「クロス式抱っこ紐」

といった機能がシンプルで軽量な作りのコンパクト抱っこ紐など。

探し出すと、いろいろな抱っこ紐があります。

正直、色々な機能をもつ抱っこ紐が1つあれば十分だと思いませんか?

『大は小を兼ねる』って感じで…

初めて抱っこ紐を買うときは、誰もが

  • 新生児から抱っこできるのがいい!
  • 抱っこができて、おんぶが出来て、前向きだっこもできたらいいなぁ~
  • 体に負担が少ない抱っこ紐がいい!

と色々な機能が1つで叶う抱っこ紐を求めるはずです。

くすりママ
くすりママ

私もそうでした!

最初は、値段が高めでいろんな抱っこができる「がっちりした抱っこ紐」を用意しました。

確かに、色々な機能を持つ抱っこ紐は一つ持っておきたいですし、あると便利だし安心ですよね!

でも、

  • 抱っこ紐が大きくてかさばる
  • 抱っこ紐だけで結構な重さがある
  • 機能が多い分、使い方が複雑…

といった、ちょっとしたデメリットも…

でもこのちょっとしたデメリットが、日々積もり積もって結構な負担になるんです!!

そんな時にコンパクトな抱っこ紐が1つあると、とても便利!

そこで今回は、『購入して良かったもの』も含めて、コンパクトな抱っこ紐のおすすめを比較・紹介していきます。

ぜひ読んでみてください!!

こんなママ・パパに読んでほしい
  • 持ち運びに便利なコンパクトな抱っこ紐が欲しい
  • 使い方がシンプルなセカンド抱っこ紐が欲しい
  • 洗い替え用に低コストの抱っこ紐が欲しい
  • 今ある抱っこ紐に少し不満を感じている
  • ベビーカーを購入し抱っこ紐の使用頻度が減った

コンパクトな抱っこ紐は必要か

色々な機能を持つ抱っこ紐(メインの抱っこ紐)が1つあれば、十分なのですが

大きい!重い!使い方が複雑!洗っても乾きにくい!

などの不満から、コンパクトな抱っこ紐(もしくはセカンド抱っこ紐)を探す人が多くいます。

また、赤ちゃんが少し大きくなると、お出かけする機会が増えますよね。

赤ちゃんのお出かけは、何かと荷物がかさばります。

それなのに、抱っこ紐が大きいとそれだけで荷物が大きくなり大変!!

ベビーカーも使うなら、さらに抱っこ紐の出番も少なくなります。

色々な理由はありますが、皆さん一度は『コンパクトな抱っこ紐が必要かも』という考えになるわけです。

我が家がコンパクト抱っこ紐を『3本』購入した経緯

私は、1人目育児中

家でゴツイ抱っこ紐をするのがなんだか落ち着かず、腰ベルトもがっちりしていて座り心地が悪い!

というのが悩みでした。

しかも、子供がゆるゆるうんちを漏らした時には洗濯してもなかなか乾かない!

その間、抱っこ紐がないのもとても不便でした。

そこで、コンパクトで洗い替えにも便利な”セカンド抱っこ紐”的な感じでコンパクト抱っこ紐を探しました。

2人目、3人目は上の子に合わせて外に出ることが多かったので、新生児から使えるものをメインに探しました。

その結果、子供が生まれるたびに求めるものも変わり、合計3本のコンパクト抱っこ紐を購入していました!

私がコンパクトな抱っこ紐を選ぶうえで重視したもの
  • 家で手軽に抱っこ紐をしたい
  • 軽量で小さく収納できてお出かけに便利
  • 体にフィットして赤ちゃんも自分も楽
  • 使い方がシンプル

購入するための情報収集で苦労

初めての子を出産した時は、まさか抱っこ紐を買い足すとは思っていませんでした。

1つあれば十分でしょ!という気持ちでいたので他の抱っこ紐に関しては知識があまりなく…

そのため、コンパクト抱っこ紐が欲しいと思ってから購入までにかなりの時間がかかってしまいました。

首が座らない乳児を抱きながらすきま時間で検索しては比較して…

寝不足の中、かなり必死で検索しました!!

だって、失敗したくないじゃないですか。

寝不足で疲れていて、あまりよく考えられない中での情報収集はつらかったです。

色々なサイトを飛んでは戻り飛んでは戻り…

くすりママ
くすりママ

「厳選したコンパクト抱っこ紐を比較検討してくれる記事があればいいなぁ」と思ったけど、その時はありませんでした。

なので、コンパクト抱っこ紐やセカンド抱っこ紐の購入を悩んでいる方が、この記事を見て楽に比較検討できれば嬉しいです!

実際に購入したコンパクト抱っこ紐3種類を紹介!

私が購入したコンパクト抱っこ紐は、「エアリコ」「カドルミー」「ポグネーステップワン一体型」です。

左:ダクーノ(エアリコ)、右:ポグネーステップワン一体型
収納時のサイズ感はほぼ同じ
厚み、重みはポグネーの方があります

カドルミーは、今知人に貸しているため写真を撮れませんでしたが、畳むと同じくらいのサイズ感になります。

1つずつ購入の決め手を紹介していきますね。

エアリコ(旧ダクーノ)

エアリコ使用画像(14か月、9kg)

1人目の時に購入。

体に負担がかからなくて、今の月齢ですぐにでも使えるものを重視しました。

手で支えたら首すわり前から使えるというところが気に入りました。

1人目だったので、『助産師さんが考案した』というのも大きな安心材料になりポイントが高かったです。

当時は『ダクーノ』という名前でしたが、現在は『エアリコ』という名前に改名されているようです!

カドルミー

2人目の時は、上の子の保育園の送迎で車への乗せ下ろしがありました。

チャイルドシートから抱っこ紐への移動をとにかく楽にしたい!

との思いで、新生児から使えてサッと抱っこできるものを探しました。

両手が空けばさらに良い!ということで、スリングの『カドルミー』を購入。

スリングを購入するにあたって、北極しろくま堂さんのスリングも試しました。

ただ、サイズの調節が私には分かりづらく、調節の必要ないシンプルなカドルミーに決めました!

ポグネーステップワン一体型

ポグネーステップワン一体型使用画像(14か月、9kg)

3人目では、メインの抱っこ紐もおさがりでヘタっていました。

なので、体に負担がなくメインとしても使えるものを探しました。

さらには、デザイン性もあり赤ちゃんもぐっすり寝てくれるもの

最初はコニーを購入するつもりでした!

でも、インスタでたまたまポグネーステップワン一体型を見つけたんです。

そして、

メインに使うなら腰ひもが欲しい。

サイズの違う夫婦でも共用したい!

という理想をかなえてくれる『ポグネーステップワン一体型』を購入!

(正確にはお祝いでいただきました。)

【ポグネーステップワン一体型】使用レビュー:実際に1ヶ月使って分かったこと 【コニーVSポグネー】買うならどっち?実際に選んだポイントを解説!

結果、合計3本の抱っこ紐を購入しました!

他にもいくつか抱っこ紐は購入したのですが、この3つの抱っこ紐は本当に育児を助けてくれました!!

本当に「購入して良かった!」と思える抱っこ紐でした。

3人目に至っては、使い分けをしてすべての抱っこ紐にお世話になりましたよ!

自分の理想のコンパクト抱っこ紐を見つけよう!

Image by RitaE from Pixabay

いざ抱っこ紐を探し出すと、本当に多くの抱っこ紐があって悩みますよね。

そこで、重要なのが自分がコンパクト抱っこ紐に『何を求めるか』です。

やみくもに探し出すと、種類が多すぎて購入までかなり時間がかかってしまいます。

そのため”自分の優先するものは何か”をはっきりとさせておきましょう!

我が家の場合

我が家は、1人目、2人目、3人目でそれぞれ1つずつコンパクト抱っこ紐を買い足しました。

私がコンパクト抱っこ紐に求めたもの
  • 1人目は家で手軽に抱っこしたい!体に楽な抱っこ紐を!
  • 2人目の時は、とにかく両手が空いて首すわり前からサッと抱っこできるものを!
  • 3人目は、メインにも使えるコンパクト抱っこ紐を!
くすりママ
くすりママ

コンパクト抱っこ紐を購入しようか迷っている人は、ぜひ自分が抱っこ紐に”何を求めるか”を考えてみてくださいね!

では次に、人気や評価が高いコンパクト抱っこ紐を比較しやすいように表にして紹介します!!

細かく比較できるようにしたので、ぜひ抱っこ紐の選択に役立ててください!

コンパクト抱っこ紐の比較

コンパクト抱っこ紐はかなりの種類があります。

値段も2,000円台と安いものから高いものまでピンキリです。

今回は、機能が充実していたり、良く口コミやレビューが良いものから抜粋して比較しているので、少し高めの抱っこ紐が多くなっています。

比較表は『おんぶが出来るか出来ないか』で分けていますので、気になる方をご覧ください!

「抱っこのみ」コンパクト抱っこ紐の比較

↓横にスクロールして見れます。

カドルミーコニー抱っこ紐ポグネーステップワン一体型エアリコ
(旧:ダクーノ)
可能な抱っこの種類横抱っこ
対面抱っこ
前向き抱っこ
対面抱っこ
前向き抱っこ
対面抱っこ
前向き抱っこ
対面抱っこ
値段12,100~
14,300円(税込)
6,880円(税込)6,750円(税抜)
エアー:7,250円(税抜)
7,980~
11,980円(税抜)
(デザインにより金額変動)
適応月齢・体重新生児~24か月(13kg)新生児~20kg
※安全面で外紐が必要
新生児~14か月
3.5kg~11kg
4か月(首すわり)~3歳(25kg)
頭に手を添えれば1か月から使用可能
重さ380g 200g
サマー:160g
400g200~230g
(サイズにより)
素材綿65%
ナイロン35%
オリジナル
ポリ62%
綿33%
スパン5%
サマー
ポリ87%
スパン13%
ポリ62%
綿33%
ポリウレタン5%
サマー
ナイロン85%
ポリウレタン15%
(本体部分の素材のみ抜粋)
綿100%
生産国日本韓国韓国日本
サイズ展開 M・L 2XS~3XLまで8サイズ ワンサイズ 1~5まで5サイズ
抱っこ紐の種類スリングHPに「スリング型抱っこ紐」
とあるが、ベビーラップに近い
腰ひも付き
立体ベビーラップ
クロス式抱っこ紐
その他収納ポーチ
22×27cm
・1サイズ違いなら共用可能
・8日以内サイズ交換無料

カドルミー

こちらはたすき掛けして使うスリングタイプ。

適度な伸縮性を持つニット生地で、触り心地もとても良いです。

軽くて、シンプルな作りのため畳みやすくバッグに忍ばせておくのがとても楽でした。

横抱っこタイプなので、首すわり前でも安心して使えました。

毛玉もつかない生地だったので、使用感もさほどなく長~く使えます。

妹やお友達にも貸して使ってもらっています!

コニー抱っこ紐

今やインスタグラムで大人気のコニー。

私もかなり悩みました。

サイズ選びが難しそうなのと、外紐をなくしてしまいそうなので購入には至らず。

でも友達が使っているのを見ると、やっぱりいいなぁと思ってしまいます!!

ポグネーステップワン一体型

我が家は体格が全然違う夫婦ですが、こちらはコンパクト抱っこ紐には珍しくサイズ調整可能!

夫婦で抱っこ紐を共用したいので、こちらを購入しました!

メインで使いたいので、腰ベルトがあるのもポイント高い!!

見た目もすっきりしていて、お洋服のような感じも気に入りました。

エアリコ

14か月、9kgの子どもをエアリコで抱っこ

助産師さんが考案された抱っこ紐で、日本製、綿100%なのが決め手でした!

色々な柄があるのも魅力!

メイン抱っこ紐は、比較的シンプルな色柄が多いのですが、セカンド抱っこ紐でおしゃれしたい方にはうれしいですよね。

サイズを選ぶ必要はありますが、8日以内であればサイズ変更が無料です。

また、1サイズ違いなら共用可能とのことなので、背格好が近い夫婦であれば教養もできちゃいます!

エアリコの詳細はこちら→エアリコHP

「おんぶもできる」コンパクト抱っこ紐の比較

↓横にスクロールして見れます。

モンベル
ポケッタブルベビーキャリア
ナップナップ
ベビーキャリーコンパクト
ボバエアー
可能な抱っこの種類対面抱っこ
おんぶ
対面抱っこ
おんぶ
対面抱っこ
おんぶ
価格 5,900円(税抜) 7,980円(税抜) 9,900円(税込)
適応月齢・体重 抱っこ:腰すわり~24か月(13kg)
おんぶ:腰すわり~3歳(15kg)
抱っこ:首すわり~24か月(13kg)
おんぶ:首すわり~48か月(20kg)
首すわり(6kg)~20kg
重さ 372g 420g 390g
素材 ポリエステルメッシュ ポリエステル ナイロン100%
(パラシュート生地)
生産国ベトナム 中国 アメリカ
サイズ ワンサイズ ワンサイズ ワンサイズ
収納サイズ 15×22×7cm B5サイズ
(15×25×9cm)
13×17cm
その他・メッシュフード
・ポケットあり
・ポケットに収納ができるポケッタブル仕様

・別売り新生児パッド使用で新生児(3.5kg)~使用可能
・着脱可能メッシュフードあり
・大容量ポケットあり
・撥水加工あり
・SGマーク取得
・腰収納が可能で収納カバーいらず

・スリーピングフードあり
・ポケットあり
・膝裏部分にクッション搭載
・収納ポーチが抱っこ紐と一体になっている

表にして気付きましたが、私はおんぶできるコンパクト抱っこ紐を持っていませんでした。

理由は、インドア派だから…?

アウトドアやハイキングなど好きな方はおんぶが出来るコンパクト抱っこ紐があるととても便利な気がします。

モンベル ポケッタブルベビーキャリア

出典:モンベルHP

こちらの抱っこ紐が、3種類の中で一番お手頃です。

この値段なら、ちょっと買ってみようかなーとなりますよね!

ただ、腰すわり~13kgまでの使用になるので使用期間が他の2つに比べると短めです。

誰もが知っているブランドのモンベルなので、アウトドアにも目を引きそうですね!

ポケッタブルで、エコバックのようにバックに忍ばせておけるのも良いですね!

ある程度子供が大きくなってからコンパクト抱っこ紐を探している人にはもってこいだと思います!!

モンベルポケッタブルベビーキャリーの詳細はこちら→モンベルHP

ナップナップベビーキャリーコンパクト

こちらは唯一新生児からの抱っこもできるもの。(別売りの新生児パッドが必要です。)

新生児から使えて、おんぶもできるコンパクト抱っこ紐を求めるならこちら!!

着用しながら腰部分で収納できるのも魅力です!

大容量ポケットが付いているので、手ぶらでのお出かけもできてちょっとそこまで…という時にとても便利!

また、撥水加工されているので、多少の雨や汚れにも強くてありがたい抱っこ紐です。

ナップナップは抱っこ紐同時購入で割り引きもあるので、メインとコンパクトと同時に購入する人にはかなりお得ですよ!

多胎児用の抱っこ紐もそろっています!

ボバエアー

今回紹介したおんぶが出来るコンパクト抱っこ紐の中では一番お値段が高いです。

その分、赤ちゃんの膝裏に当たる部分にクッションが搭載されていたり優しい作りになっています。

抱っこ紐が食い込みやすい膝裏にクッションがあるのはうれしいですね。

こちらもポケッタブルになるので、エコバックのように持ち運べて便利です!

390gと軽いのもありがたいですね。

まとめ

今回は7種類のコンパクト抱っこ紐について、比較・紹介しました!

紹介できなかったものも含めると、コンパクト抱っこ紐の値段は、ピンキリで安いものから高いものまで様々です。

とりあえず、安いものを購入して試すのも良いと思います。

でも、どうせ購入するなら多少高くても自分に合ったものを購入して長く使いたい!

という方も多いと思います。

結果的にはその方がコスパは良いですよね!

あなたのコンパクト抱っこ紐選びに、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です